家庭教師ガッツ 指導日記 2月24日 青木 家庭教師ガッツ ブログ

知的障害や勉強が苦手な子供たちに「やればできるんだ!」というアツイ魂を込めて学習面や生活面を指導しています。どんな勉強をしているのかがわかります。ぜひご覧下さい!

家庭教師ガッツブログ > スポンサー広告 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月24日 青木家庭教師ガッツブログ > 家庭教師ガッツの指導日記 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月24日 青木

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家庭教師ガッツ 指導日記 2月24日 青木

学習アドバイザーの青木です

来年受験を控えているMくんとは、先月から「面接練習」を始めています。

今日は「学校で楽しかったこと、大変だったこと、感動したこと」を聞いてみました。

楽しかったこと、大変だったことはすぐに言えたのですが

感動したことはなかなか思い浮かばず、つい「特にありません」と言ってしまいました

「ほら、やった~ってみんなで万歳したり抱き合って泣いたり、そんなことなかった?」ときくと

「あ~…体育大会のときそんなんだった気がする…」

どこか人事のようです



お母様からも「今まで感動したということをあまり表に出すことがなく、映画を見ても『いい話だった』とはいうけれど、淡々としている」とのことでした。

子供ってどんなことだと感動しやすいのかな

来年の受験までになにかうるうるっとくるような感動する出来事をMくんと一緒に味わえたらと思いました



みなさんが生まれて初めて感動したことってなんですか?



私は、小学生の時にドラマ「素顔のままで」(もう20年近く前ですね、皆さん知っていますか?)を見て
目がジーンとしたのが初めてだと思います



みなさんが子供のとき感動したこと、是非教えてください!


Mくんと一緒に感動を体験する材料にしてみたいと思っています!
私が記憶のある限り最初に感動したのは、亡くなった祖母がガンで苦しい中で書いた私へのメッセージです。
字はヘニャヘニャで、すらすら読むことは出来ませんでしたが、とにかく頑張って書いてくれたことがヒシヒシ感じました。
小学校低学年くらいだったでしょうか・・・

あれは感動でした・・・
[ 2009/02/25 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
家庭教師ガッツブログの管理人です
ホームページリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。