家庭教師ガッツ 指導日記 2月23日 沢近 家庭教師ガッツ ブログ

知的障害や勉強が苦手な子供たちに「やればできるんだ!」というアツイ魂を込めて学習面や生活面を指導しています。どんな勉強をしているのかがわかります。ぜひご覧下さい!

家庭教師ガッツブログ > スポンサー広告 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月23日 沢近家庭教師ガッツブログ > 家庭教師ガッツの指導日記 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月23日 沢近

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家庭教師ガッツ 指導日記 2月23日 沢近

東京スタッフの沢近です。
S君の指導に行ってきました。
今日の音読はごんぎつねの最後の場面を句読点で交代して音読しました。
この場面は兵十がごんを火縄銃で撃つところで寸劇で内容を把握していきました。
寸劇をやることは語句の理解にもつながります。
たとえば、「兵十が足をしのばせて」の『しのばせる』というのはこういう感じだよと
体で実際にその動作をすることで覚えることができます。
事実、机に向ってひたすら英単語や漢字を覚えるよりも
その言葉から連想するものを考えたり、体などを動かしながらそれを表現する方が
脳も活性化され、比較的早く覚えられるらしいです。
こういった指導ができるのも家庭教師という指導形態をとっていることの
ひとつのメリットかもしれませんね!
沢近先生こんにちは☆
沢近先生の
「体で実際にその動作をする」は生徒にとってすごく解りやすい教え方で、よくアメリカンスクールなどで取り入れている教え方ですv-218

身体を使ってどんどん楽しく教えていってくださいv-10
[ 2009/02/25 00:01 ] [ 編集 ]
私もちょうど生徒と「ごんぎつね」読んでますよ~☆
寸劇はやっぱりガッツならではの指導方法ですね!
確か私たちは先週は「ふと見上げる」か何かを寸劇で行って確認しました!
[ 2009/02/25 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
家庭教師ガッツブログの管理人です
ホームページリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。