家庭教師ガッツ 指導日記 2月27日 山田 家庭教師ガッツ ブログ

知的障害や勉強が苦手な子供たちに「やればできるんだ!」というアツイ魂を込めて学習面や生活面を指導しています。どんな勉強をしているのかがわかります。ぜひご覧下さい!

家庭教師ガッツブログ > スポンサー広告 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月27日 山田家庭教師ガッツブログ > 家庭教師ガッツの指導日記 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月27日 山田

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家庭教師ガッツ 指導日記 2月27日 山田

東京スタッフの山田です。

今日は原宿のTくんのGutsでした。

体調が少し良くない様で大変だったとは思いますが、いつも通りに私にガミガミ叱られながらも笑顔で1時間頑張りました。


苦手な分数の足し算・引き算はとてもスムーズになり、足し算に関しては手助け無しで出来るようになりました。

中学に向けて、グラフの書き方と読み方を練習していますが、定規を使ったり、目盛りをを確認したりするのは難しそうですが、一生懸命頑張っていました。


そんな中、ふと消しゴムを使っているのを見て昔のことを思い出しました。

私が最初に出会った頃、消しゴムで少しだけを消すのが苦手だったTくんは消さずに上から重ね書きして、消しゴムを使うように促すと消しゴムを隠したり、逃げたり(笑)、なんとか消しゴムを使わなくて済むように頑張っていました。


今はたまに重ね書きしたりもしますが、基本的に消しゴムをしっかり使います。

お父さん、お母さんも積極的に気をつけて下さっているので、習慣になってきているのもあると思いますが、何よりその中で自分なりに消しゴムの価値を見出だしたのでしょうか。


今は消しゴムを嫌がる事はありません。


文字の書き方や消しゴムの使い方一つで評価が変わる事もあります。

評価がすべてではありませんが、絶対に出来る事は出来て評価に繋がれば、自信になり、嬉しくなると思います。


消しゴムに比べたら定規は本当に難しいですが、定規や目盛りをクリアーしたら、楽しく授業に参加出来る機会も増えると思うので、是非是非定規と目盛りの見方を頑張って行きたいと思います。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
家庭教師ガッツブログの管理人です
ホームページリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。