家庭教師ガッツ 指導日記 2月26日 石黒 家庭教師ガッツ ブログ

知的障害や勉強が苦手な子供たちに「やればできるんだ!」というアツイ魂を込めて学習面や生活面を指導しています。どんな勉強をしているのかがわかります。ぜひご覧下さい!

家庭教師ガッツブログ > スポンサー広告 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月26日 石黒家庭教師ガッツブログ > 家庭教師ガッツの指導日記 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月26日 石黒

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家庭教師ガッツ 指導日記 2月26日 石黒

東京スタッフの石黒です。

今日は、とっても面白くて頑張り屋さんの小学6年生Sくんの指導でした。

Sくんは今、カタカナの伸ばす「ー」を覚える勉強をしています。「ケーキ」や「テープ」を書こうとすると、どうしても「ケキ」「テプ」となってしまうSくん。

なかなか「ー」の伸ばす意味や感覚がつかめなかったようなので、私は何かいい方法はないかと考えた結果、家にあった巻尺を使うことにしました!みつけた!

びよ~~んと伸びる感覚を覚えてもらうには、ちょうどいい道具だったので、前回は一緒に「ケーーーーーキ」と言いながら、巻尺をびよ~~~んと引っ張ってもらいました。

他の「テープ」や「ノート」でも同じように繰り返し巻尺をのばしてもらい、少しづつ感覚がつかめてきたSくん。

今日の指導では、私が「ケー」と言い、そのままSくんに巻尺を引っ張ってもらいます。そして引っ張り終えたところで「ーキ」と、私がいい終わり、「先生今、何て言ったかな?」と聞き、Sくんが「ケーキ」と答えるというのを、繰り返しました。

これによって、私が何の単語を話しているのかを聞こうとするために、手は巻尺を引っ張って伸ばし、耳は「ケーキ」と言う単語を聞こうとするので、単語と伸ばす感覚を一緒に感じることが出来るのではと思い、今日はこの方法を繰り返しました。


そして、それを何回か繰り返した後、ノートにケーキの写真が貼ってある隣に「ケ」と「キ」が書いてあり、「間に伸ばす線引いてくれるかな?」と言うと、「ー」を書いてくれて、「ケーキ」と書くことができました。ウヒャッ


いつも、ひとつひとついろんなことを覚えていってくれるSくんに、私は「すごいーーー!!」と感激しながら指導をしています絵文字名を入力してくださいそして、一つ私が感激するたびに、Sくんは大好きな「こちょこちょして~!」とこちょこちょをおねだり絵文字名を入力してくださいいつも、これでもか~~!!ってくらいにこちょこちょしています笑い。

今日は、最後に時間があったので、「先生の顔書いて~~!可愛く書いてねニコッ♪とお願いすると、とっても上手に書いてくれましたふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

それを見て、また「すごい~~!!!」と感激した私でしたBrilliant
巻尺指導おもしろいですねぇぇ
のばす単語でなくても楽しくてついびょーんとしてしまいそうです身近なものを使うワクワク感を改めて感じられた日記でしたありがとうございます
[ 2009/02/27 12:59 ] [ 編集 ]
とっても参考になりました!
これは是非私も早速取り入れてみようと思います!
[ 2009/02/27 23:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
家庭教師ガッツブログの管理人です
ホームページリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。