家庭教師ガッツ 指導日記 2月3日 中里 家庭教師ガッツ ブログ

知的障害や勉強が苦手な子供たちに「やればできるんだ!」というアツイ魂を込めて学習面や生活面を指導しています。どんな勉強をしているのかがわかります。ぜひご覧下さい!

家庭教師ガッツブログ > スポンサー広告 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月3日 中里家庭教師ガッツブログ > 家庭教師ガッツの指導日記 > 家庭教師ガッツ 指導日記 2月3日 中里

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家庭教師ガッツ 指導日記 2月3日 中里

学習アドバイザーの中里です。

中里は本日Pちゃんの指導に行ってきました。

内容は
・漢字の書写
・反対語
・拗音文字と読み方
・1円玉でのお買い物
・「今日の曜日/明日の曜日」
などです。

その中で今日ご紹介するのは「漢字の書写」です。

出会った頃は、手本を見て同じように書くことができず、音を用いて文字を書く練習をしていました。
例として、「し」の場合は「し~くるん」、「の」の場合は「ぐるりん」等です。
音と動き一致させて覚えていきました。

そんなPちゃんも最近は手本を見てかくことができるようになってきて、ほぼ一人で書いています。
「ほぼ」と言うのは自信が無い時、一緒に鉛筆を持って書いているのです。
また「一緒に持つ」も正確にはPちゃんの手に私の指が1本触れているというような感じです。

今日は新しい漢字「乃」です。
前回のなぞりが上手くいき、書写への目標へステップアップ。

不安や、まよいなどない1回目で上手に書けました!
思い切りのよい文字です。

「すご~い!!、上手~!先生と同じだよ!!」と言うと「やったー!!!」と大きな声でハイタッチ。
この瞬間がPちゃんも私も一番嬉しい瞬間です。

保護者対話でも、保護者が喜び「Pが書いたの?これ!」と聞くと
とても可愛い笑顔で「うん、そうだよ」と自信をもってこたえてくれました。

保護者にも自信をもって「できた」ことをアピールできるPちゃん。

保護者と喜びを共有できる「指導後の対話」では、私が伝える言葉から、保護者と子供での会話でさらに喜びを倍増させることができます。




Pちゃんの「やったー」と喜ぶ顔が想像できてしまいます。私もなんだか嬉しくなってしまいました。
[ 2009/02/04 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
家庭教師ガッツブログの管理人です
ホームページリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。